2006年07月17日

お宅のキッチン大丈夫?そのA

毎日調理で使っているあなたの家のキッチン、大丈夫ですか?

昨日に引き続き第2部です。


1.ダクトの不燃処理
レンジフードの換気用ファンには形式による分類があります。
従来からおなじみの「プロペラファン」の他、最近一般的なのは「シロッコファン」と「ターボファン」と呼ばれるものでダクト(排気用の管)に接続して外部に排出するタイプの物です。
排気のためのダクトはレンジフードの上で繋がっていて、天井の中を通って外壁まで出ています。

マンションのような規模が大きい集合住宅は消防検査を受ける事が義務付けられているので新築の時は心配無いと思いますが、改修工事や戸建住宅は要注意です。


キッチン取付けの際、レンジフードとダクトの接続部分は皆さんの目が届かない所に隠れてしまいます。
消防法では火器に接続された排気管の隠れたところ(隠蔽部と言います)には一定以上の厚さの不燃材(主にロックウールと呼ばれる物)を巻く事が定められています。

戸建住宅や改修工事の際、隠蔽部分にロックウールが巻かれていない現場を数多く見受けます。
原因としては建築工事と設備工事の区分が不明確でキッチン工事業者は材料を用意していませんし、建築側も電気工事業者にダクトを接続させる事が多いため、と言う事が多い様です。

また、建築工事側に設備に対する知識が不足しているため、この事を知らない、または気付かない監督もいます。
リフォーム会社を標榜していても建築基準法や消防法についてはまったく無関心であるために結果としてお施主様が被害を被るケースが殆どです。


2.ダクトの材質
排気ダクトの材質についても規定されていて、火器を使用する換気設備に接続されるダクトはアルミではダメで、鉄などの耐火性の高い材質が求められます。

ダクト自体に一定以上の厚さが必要なのと、所轄の消防署によって基準が異なり、例えば都内ではフレキ(ジャバラ管)での接続は認められません。

リフォームの際は平気でアルミが使われている現場が多いです。
しかもロックウールも巻いていない。


3.防火措置
ダクトが外壁に出る部分は当然外壁に穴が開いています(開口部と呼びます)。
この開口部も一定以上の面積を超える場合、防火用の部材 「FD:フューズダンパー」を使用して、室内からの出火や隣地からの火災から類焼を防ぐ様に定められています。

2の項でも書いたとおり、信じられない事ですが消防法や建築基準法に疎い建築業者がいるため、FDの設置すら指示できないで現場を納めているのを何度も目にしました。


4.火器からの離隔距離
コンロのバーナー部からレンジフードのフィルター部までの距離は800mm以上と定められています。
マンションなどに多いのですが、天井と壁のところに出っ張っている梁をよけるために吊り戸棚を梁の分だけ前に出すか、吊り戸棚を下げて梁をかわしているはずです。

問題なのは後者の吊り戸棚の位置を下げている場合です。
下がっているのが吊り戸棚だけならアタマがぶつかるだけですが、吊り戸棚との高さを揃えるためにレンジフードも下げていて、バーナーヘッドからの離隔が800mmをクリア出来ていない事があります。


一度ご自分のキッチンの周辺を確認してみては?
万一の火災の時に泣かないために。

追記
訳のわからんパソコン教室から無関係なトラバ入っていたので削除しました。
posted by 謎の住宅設備屋 at 01:02| Comment(2) | TrackBack(1) | ナイショ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
突然で失礼と存じますが、コメントさせていただきました。
ご迷惑でしたら、お手数ですがコメント削除をお願いします。


(有)ゴッタライドの河岸真広と申します。

弊社では、住宅リフォームを検討中の方のためのお役立ち情報サイト
「おしえてリフォーム」の開設準備をしております。

 http://www.gotta-ride.com/oshiete/
 ※現在、制作中のため一部ご確認いただけないページもございます。


掲載されている内容を読み、リフォームで悩んでいる多くの人に(なるほど!)
と言っていただけるのではないかと思いました。
ぜひ「おしえてリフォーム」でも紹介させていただけませんでしょうか?


著作権があなた様にあることを明記した上で、弊社サイト内で掲載させて
いただきたいと思います。
さらに情報提供者である貴サイトへのリンクをはりますので、アクセス
アップ、知名度アップにも貢献できると思います。

なお、掲載にあたって費用は一切かかりませんのでご安心ください。


承認いただけるようでしたら、お手数ですが info@gotta-ride.com まで
ご連絡いただけますでしょうか?
急なお願いではございますが、どうぞよろしくお願いいたします。


おしえてリフォーム  コンテンツ担当:河岸真広




Posted by (有)ゴッタライド 河岸真広 at 2006年07月21日 09:22
泣Sッタライド 河岸真広様


弊blogへのお問い合わせを頂き、誠にありがとうございます。

まだ、このblogを始めて日が浅い事もあり、継続的に情報を発信していける様に努力をしておりますが、何分にも本業が多忙なため、ご迷惑をお掛けする事が無いかを懸念しております。

また、「ナイショ話」と銘打っておりますとおり、エンドユーザー様への情報を優先するため、内容によっては御社のイメージ等に差し障る可能性が無いとは言い切れません。

今しばらくの間、弊blogを「観察」して頂き、御社のポリシー等に相応しい内容であるとご判断頂けましたら、再度ご連絡を頂戴出来ましたらと存じます。

お問い合わせを頂いた事、光栄至極に存じます。


謎の住宅設備屋 拝
Posted by 謎の住宅設備屋 at 2006年07月23日 10:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20879744
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック


Excerpt: 建築基準法建築基準法(けんちくきじゅんほう、昭和25年5月24日法律第201号)国民の生命・健康・財産の保護のため、建築物の敷地・設備・構造・用途についてその最低基準を定めた法律。前身は市街地建築物法..
Weblog: マイホームのススメ
Tracked: 2007-11-04 07:58
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。