2006年07月08日

商品を選ぶ時に見落としがちな事

皆さんが住宅設備を選ぶ時、星の数ほどある商品の中から、どの様な方法で決定しますか?

建築会社や工務店、リフォーム会社の担当者さんから「ウチが扱っているメーカーはココとココです」ってカタログを持って来たり、ショールームに連れて行かれたり、ご自分で足を運んだり、というところでしょうか。

商品の特徴も色々ありますから、予算や機能を含めて絞り込めたとしても、似たようなメーカー数社の中から選ぶ時はCMで良く目にしていたり、名前の知られたところから選ぶのが通常だと思います。


工事が無事完了して、あなたは商品の取り扱い説明をしてもらってから早速使い始めました。
何年かしてその設備機器の調子が悪くなってきました。
修理を頼みたいけど、どこに頼んだらいいんでしょう?

工事を頼んだ工務店や建築会社ですか?
でも、今日は工務店の定休日。 電話は繋がりません。


「確か取り扱い説明書に連絡先の電話番号が書いてあったはず・・・」
ところが説明書がなかなか見つからない。
やっと見つけた説明書の後ろのページに修理の連絡先が書いてありました。

あなたは電話をかけてみます。
しかし、何回コールしてもなかなかオペレーターは電話に出てくれません。
やっと繋がったと思ったら、「本日は電話の受付けだけで訪問は明日以降になります」、との返事です。
すぐに直して欲しいのに!

翌日、やっとサービスマンがやって来ました。
ところが、「部品が無いので部品を揃えてからもう一度伺います」と言ってサービスマンは帰ってしまいました。

これが夏場のエアコンや冬場の給湯器や風呂釜だったらどうでしょう?
そんなに待てませんよね。


翌日も部品は入って来ないのでサービスマンは来ません。
オマケに修理会社からいつ来てくれるのか、連絡はまったくありません。
壊れてから5日後、再度訪問したサービスマンの手によって無事修理完了。


ところが修理代を聞いてビックリ!
部品代の他に出張料・技術料などがチャージされて凄い金額です。


こんな事が無い様に修理を頼む時にはおおよその金額を聞いておきましょう。
また、壊れた機器の型番と物によっては本体やリモコンに「エラーコード」を表示する物があるので、故障の状況と共にそれも伝えるとカナリ処置が早くできるはずです。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


メーカーによって、修理の際の対応の良否が大きく分かれるものです。
名の通ったメーカーでも修理に関しては子会社・系列会社に振っていて、しかもサービスマンは正社員ではなく契約社員や請負のサービスマンが担当する、なんて事はザラにあります。
中には「修理のコールが買い換えを勧めるチャンス」と考える輩もいますので、納得できない時は詳しく聞きましょう。

せっかく取りつけた機器は気に入ってるのに修理がお粗末でそのメーカー全般のイメージを落としている、と言う事例は山ほど見聞きしてきました。
口コミやネットでもメーカーの情報が良く出ていますので(悪質なクレーマーのも然り)、その辺も加味して選択の材料にするのも良いかと思います。


機器を選ぶ時に修理の事まで考えて選ぶ人は少ないと思います。
でも、使い始めて壊れた時に一番困るのは他ならない、その商品を選んだアナタなんですから。
posted by 謎の住宅設備屋 at 16:04| Comment(2) | TrackBack(0) | ナイショ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Ads by google を記事の挿入テキスト(上部)に入れて、巾が記事巾を超えると、サイドバーが下に行ってしまいます。
ブログ説明の下に入れるか、Ads by googleの巾を縮めるかすれば、大丈夫ですよ。
同分野ですので時々寄らせてもらいます。
今後とも宜しくお願いいたします。
ランキングをクリックしておきます。
Posted by アテンポ中村 at 2006年07月09日 16:17
アテンポ中村様、ご来訪&コメントありがとうございます。

初コメントが同分野の方からというのでとても嬉しいのと緊張いております。

アドバイスありがとうございます。
普段のブラウザはFire Foxなので、IEをご使用の方の事も考えて両方で確認しながらの作業です。

seesaa blogはいろいろな設定が出来るのがありがたいのですが、ある程度いじれないとうまくいきませんね。
HTMLまでいじるハメになるとは。

そちらにもお邪魔致します。
こちらこそ、これからもよろしくお願い致します。
Posted by 謎の住宅設備屋 at 2006年07月09日 18:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20457365
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。