2006年08月16日

ガス漏れ警報機って

LPガスの使用者にはお馴染みのガス漏れ警報機の話です。

今回は設置を義務付けられているLPガス用のでは無くて、都市ガス用の警報器の話です。
※LPガスユーザーの方も最後まで読んでいって下さいね、お時間を無駄にはしませんから。


都市ガス供給エリアではガス漏れ警報器の設置を義務付けていない事業者が多いですが、
使用者に設置の選択をさせています。
地域によってはリース形式でガス料金と併せて回収している事業者もあるようです。

主に「開栓」時(ガスの使用開始時)に警報器の設置を勧めて(使用者の気が変わらないうちに:これが曲者)その場で取り付け、使用者の買い取りとして料金は分割でガス料金に上乗せして回収、という方法もあるようです。


※消防法の改定により新築だけでなくリフォーム物件にも10平方メートルを超える場合にはキッチンを含めた居室へ火災警報機の設置が義務付けられました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

豆知識
ガス漏れ警報機は都市ガスの場合は天井付近に、LPガスのは床付近に設置します。
これはそれぞれのガスの比重の違いによるものです。
天井付近に溜まる都市ガスだからこそ、COと火災の複合警報機が可能なんです。
COも火災時の熱も天井付近に集まりますから。

都市ガスのガス種によってはCOを含んでいない物は生ガスを吸っても死ねません
むしろガス爆発の方が被害が甚大です。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

件のガス漏れ警報機はガス漏れ警報だけでなく、CO(一酸化炭素)や火災警報機能も付いた複合警報機です。
これをキッチン辺りに付けたら安心そうですね。


機能に関しては言う事が無いでしょう。
問題はこれからです。

ガス漏れ警報器の販売方法と交換時の対応です。
先ほども述べた様に開栓時に売り付ける手法に疑問を感じる方も多いはず。
地方から上京して来た世帯主に、引越しで忙しい最中にやって来て開栓作業終了時にガス漏れによる事故の恐怖心を煽って契約させるんです。

毎月のガス料金の請求書の中に記載される金額は微々たる物なので、あまり負担には感じないでしょう。
でも、ユーザー負担でなおかつ有効期限は5年間なんです。

供給事業者から開栓を担当する(系列でも子会社でも何でもない)販売店に期限切れの情報が手渡され、そのリストを元に所有者の元を巡回し、警報器の交換を勧めて回ります。
事前に所有者の元には事業者から(これがミソ)案内の葉書が送付されています。

巡回・交換時が所有者の生活状況・所有機器を確認する機会です。
それを元に機器の買い換え・買い増しを勧めるのです。


「ガスは恐い」と脅かして警報機を売り付けておいて、一方では「ガスメーター・ガス栓・機器などで安全装置が装備されているので安心です」と必死に釈明しています。

消費者はガス爆発や中毒・火災のイメージからガス離れが進んでいます。
必死で食い止めようとしている事業者ですが、今までのツケが回ってきているのでしょう。

販売店は生き残りを掛けて、なりふり構わずに最近はセキュリティや保険まで販売しています。
今までの信用を背景に。

そんな売られ方をしている警報機、果たして必要なんでしょうか?


実は同じ警報機がもっと安価に購入できます。
防災設備屋さんやホームセンターでも。


※消火器と同様に火災警報機を売り付ける訪問販売業者も出てきている様です。
ご注意下さい。
posted by 謎の住宅設備屋 at 11:10| Comment(3) | TrackBack(2) | ナイショ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月15日

設備機器の寿命は?

久々の更新です。
何度もお越し下さった皆様、大変申し訳ございませんでした。

今回は設備機器の寿命についてです。

お施主様から「この設備の寿命はどのくらい?」と聞かれる事が多いのですが、
実際の所、寿命はメーカーから部品の供給が絶たれるまで、というところでしょう。

メーカーのサービスや品質管理部門に問い合わせても、最近は明確な回答を避けています。
PL法がらみと言う事もあるのでしょうか。
以前は給湯器などで8〜12年と言われていました。

経済産業省の指導により、製品の生産終了から7〜8年の保有義務を課せられています。
保有期限を過ぎていても供給可能なものも中にはありますが、メーカーもコスト削減の点から管理コストのかかる部品は順次、生産・保有を絞っています。


実際にお使いいただいている機器の中で15年以上故障も無く使えているものもあります。
使い始めて1年を過ぎたあたりで故障もあるでしょう。
大量生産された商品なので個体差があり、耐久性についてもバラつきがあります。


「このくらい使ったし、古くなったからこの辺で買い換えるか」というところが実情でしょう。
修理代+使用年数:商品の代金+工事費 さらには新商品の魅力。
このあたりを天秤にかけて検討されるはずです。
最近の機器は消費電力も少なくなって、「電気代がお得です」って謳ってますね。

どうですか?
修理代が高くて納得いきませんか?
それとも、もう元は取ったから新しいのに換えちゃいますか?

長持ちさせるのもあなたの使い方次第です。
以前の記事(給湯器の寿命を縮めない使い方)にもあるように、使い方や手入れで寿命は大きく変わります。

日本のユーザーの大半は取扱説明書を読んでいません。
特にこの傾向はご年配の方に顕著です。

奥様、面倒がらずに取説、もう一度読み直してみては?
「こんな機能が付いてたの?」という発見がきっとありますよ。
posted by 謎の住宅設備屋 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(2) | ナイショ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。